内服薬による治療法も

内服薬美容皮膚科では、レーザー治療の他にも、内服薬を服用する治療法が用いられることになります。こちらはシミか肝斑かによって服用する薬が異なりますが、どちらも美容皮膚科に通院することによって処方してもらうことが可能です。まずはシミ用の内服薬から見ていくと、こちらの場合は高濃度のハイドロキノンが処方されることになります。ハイドロキノンはシミ消し用の化粧品にも含まれている成分で、市販されている物を使用してもある程度の効果が期待できますが、内服薬として体の内側から治療をするのとはワケが違い、期待できる効果も異なります。高濃度のハイドロキノンを処方してもらえば、シミ消しには充分な効果が期待できます。

次に肝斑に対して処方される内服薬についてです。こちらの場合はトラネキサム酸が配合されている内服薬が処方されることになります。トラネキサム酸は肝斑の原因であるプラスミンの働きを抑制する成分です。美容皮膚科にて処方してもらう他にも、薬局にて購入することも可能で、比較的簡単に手に入る内服薬と言えるでしょう。服用する期間は2カ月間と比較的長めで、服用した直後に効果があらわれる薬ではないということを覚えておきましょう。