レーザー治療がおすすめ!

お肌シミか肝斑か、自分のお肌がどちらのタイプのトラブルを抱えているのか不安という方もいるかもしれませんが、その点は心配ありません。というのも、まずレーザー治療はシミにも肝斑にも治療する効果が期待できるからです。一部で肝斑はレーザー治療で治せない、シミに対してのみ有効といったことも叫ばれていますが、これはレーザーを照射したあとの治療が万全でなかったときに発生しているに過ぎず、美容皮膚科の先生の治療に従順に従えば悪化することはありません。たとえばレーザー治療を行ったあとには、術後治療として紫外線をカットする薬などを塗布することもありますが、治療によってできてしまったかさぶたを気にしてしまい患部を手で刺激してしまうと、より深い傷になってしまう可能性がありますので要注意です。

お肌を健康的に白く、トラブルの無い透明感のある綺麗な素肌にするためには、刺激は絶対に禁物となります。刺激にはさまざまな種類があり、物理的に手で触ることもそうですが、乾燥や紫外線などによってもお肌は刺激を受けることになりますので、こういったあらゆる刺激からいかにお肌をプロテクトしていくかが重要です。レーザー治療の効果を最大限に発揮したいのであれば尚更です。レーザーを受けた直後のお肌は敏感になっており、ちょっとした刺激を与えただけで患部を悪化させてしまう可能性がありますので、治療後は特に注意しなければならないのです。

【参照リンク】美容皮膚科シロノクリニック_肝斑治療