肝斑とシミは原因が違う

紫外線いわゆる「シミ」は肌が受ける刺激から皮膚を守るために発生すうるものです。紫外線を受けると、肌の奥にあるメラノサイトと呼ばれる組織からメラニンが分泌され、これがシミの原因になります。メラニンは紫外線が皮膚の奥まで届かないようにブロックするという役割があるため、一概にお肌の敵とは言い切れず、むしろ私達の健康を維持するために重要な存在と言えます。したがってお肌を美しく保つためには日焼け対策、紫外線対策を行うことが必要不可欠ということになります。

一方で「肝斑」についてはご存知の無い方も多いはず。肝斑も同じくメラニン色素が直接的な原因になりますが、メラニンが分泌されるまでの過程がシミと違います。肝斑の場合はプラスミンと呼ばれる成分が多く分泌されることによってメラニンも共に分泌量が増え、その結果シミと同じようなトラブルが発生してしまいます。プラスミンの分泌量はホルモンバランスの乱れによって増加してしまうので、いかにバランスを保てるかが肝斑を抑えるためのコツと言えます。シミも肝斑も見た目はほとんど変わりませんが、肝斑はたとえ紫外線を受けてなくても発生しますので、美肌のためには健康的な生活習慣も非常に大切です。続いては、レーザー治療内服薬について説明します。